正式な申請書を提出する前のAPAの申請に関する推奨事項及び手順

ステップ1: APAの対象となる納税者は、APAの適用、APAの延長、APAフォームの変換、または税務当局の推奨事項の受け入れ、書類の作成、および税務総局への送付を計画しています。プロファイルのコンポーネントは次のとおりです。

  • フォーム1 / APA-TVを使用したAPA相談の申請。
  • この文書では、相談のための情報を次のように説明しています。
  • APA書類を提出する予定の納税者の名前と住所、および関連当事者取引の当事者の名前と住所;
  • 提案されたタイプのAPA (二国間または多国間APA申請の場合に関与する国または地域の名前);
  • APAの範囲内の関連取引、APAの範囲外の関連取引(ある場合)の説明、APAを適用する取引を選択する理由、および関連取引を除外する理由の説明、その他の結果;
  • 関連するトランザクション値のサイズ;
  • APAを適用するための予想時間;
  • APAの範囲内で取引に参加する納税者および関連当事者が事業の過程で負担する機能、資産、およびリスクの分析;
  • 市場価格を決定する提案された方法は、比較分析、比較データ、計算方法、標準市場価格範囲、および材料調整(もしあれば)の内容を含みます。
  • APAの資格要件に重要かつ重要な影響を与える実質的な仮定;
  • 企業の範囲と一般的な運営規模および納税者の関連取引に関する一般情報。 APAの適用範囲の下で提案された取引に関連する経済団体および関連当事者の活動に関する情報;
  • 納税者事務所で実施された税務調査の結果の主な内容をまとめた情報;
  • 外国の税務当局と署名または提案された同様の関連取引に関するAPA(存在する場合);
  • 関連する外国税務当局の意見(もしあれば);
  • 正式な提出時間、連絡方法;
  • APAの実装に影響を与えるその他の問題。
  • 提出書類数:01(セット)
  • 決済の制限時間は、相談及び提出完了日から30営業日です。

ステップ2.一般税務局は提出した書類を確認します。

  • 書類が税務署に直接提出された場合、税務当局は、書類の受領書を受け取り、スタンプを押し、書類の受領時刻を記録し、書類の数を記録し、事務員に記録するものとします。
  • 書類が郵送される場合、税務当局は書類の受領日をスタンプし、税務署の通信帳に記録するものとします。

ステップ3.税務総局は、APA協議議事録の結論と税務業界の状況に基づいて、協議会を開催します。税務総局は、承認または(理由)について納税者に書面で回答するものとします。納税者が正式なAPA申請を提出することを許可していません。

*******************************************************************************

#ベトナム進出 支援#ベトナム現地法人設立業務 #会計業務 #税務コンサル #法律コンサル#実務講座#人材紹介