正式な申請書を提出する前のAPAの申請に関する推奨事項及び手順

正式な申請書を提出する前のAPAの申請に関する推奨事項及び手順

ステップ1: APAの対象となる納税者は、APAの適用、APAの延長、APAフォームの変換、または税務当局の推奨事項の受け入れ、書類の作成、および税務総局への送付を計画しています。プロファイルのコンポーネントは次のとおりです。

  • フォーム1 / APA-TVを使用したAPA相談の申請。
  • この文書では、相談のための情報を次のように説明しています。
  • APA書類を提出する予定の納税者の名前と住所、および関連当事者取引の当事者の名前と住所;
  • 提案されたタイプのAPA (二国間または多国間APA申請の場合に関与する国または地域の名前);
  • APAの範囲内の関連取引、APAの範囲外の関連取引(ある場合)の説明、APAを適用する取引を選択する理由、および関連取引を除外する理由の説明、その他の結果;
  • 関連するトランザクション値のサイズ;
  • APAを適用するための予想時間;
  • APAの範囲内で取引に参加する納税者および関連当事者が事業の過程で負担する機能、資産、およびリスクの分析;
  • 市場価格を決定する提案された方法は、比較分析、比較データ、計算方法、標準市場価格範囲、および材料調整(もしあれば)の内容を含みます。
  • APAの資格要件に重要かつ重要な影響を与える実質的な仮定;
  • 企業の範囲と一般的な運営規模および納税者の関連取引に関する一般情報。 APAの適用範囲の下で提案された取引に関連する経済団体および関連当事者の活動に関する情報;
  • 納税者事務所で実施された税務調査の結果の主な内容をまとめた情報;
  • 外国の税務当局と署名または提案された同様の関連取引に関するAPA(存在する場合);
  • 関連する外国税務当局の意見(もしあれば);
  • 正式な提出時間、連絡方法;
  • APAの実装に影響を与えるその他の問題。
  • 提出書類数:01(セット)
  • 決済の制限時間は、相談及び提出完了日から30営業日です。

ステップ2.一般税務局は提出した書類を確認します。

  • 書類が税務署に直接提出された場合、税務当局は、書類の受領書を受け取り、スタンプを押し、書類の受領時刻を記録し、書類の数を記録し、事務員に記録するものとします。
  • 書類が郵送される場合、税務当局は書類の受領日をスタンプし、税務署の通信帳に記録するものとします。

ステップ3.税務総局は、APA協議議事録の結論と税務業界の状況に基づいて、協議会を開催します。税務総局は、承認または(理由)について納税者に書面で回答するものとします。納税者が正式なAPA申請を提出することを許可していません。

*******************************************************************************

#ベトナム進出 支援#ベトナム現地法人設立業務 #会計業務 #税務コンサル #法律コンサル#実務講座#人材紹介         

通貨40/2021 / TT-BTC号に関する報道および世論のいくつかの内容

通貨40/2021 / TT-BTC号に関する報道および世論のいくつかの内容

通達40/2021 / TT-BTC号は、企業又個人のVAT及びPITと税務管理をガ​​イドします。従って、2021年8月1日以降、VAT 5%およびPIT 2%の対象となるタイプには、宿泊サービス、郵便サービス、仲介サービス、法律コンサルティングサービス、税関および税関管理サービスが含まれます。

個人が賃貸物件とその他の事業活動の両方を行っている場合、規制に従い、税金を支払わない対象を決定するための毎年のごと1億VND未満といった総事業収益は、その他の事業活動収入を含む総事業収益です。

http://www.gdt.gov.vn/

情報編集部門、DBRC

Dong Du International Accounting Legal Consulting Group Vietnam

ベトナム進出総合コンサルグループ

東南アジアビジネスコンサルネットワーク

(www.japanvietnam.com.vn)

#ベトナム進出 支援#ベトナム現地法人設立業務 #会計業務 #税務コンサル #法律コンサル#実務講座#人材紹介#市場及び商品等調査業務

Eコマース取引プラットフォームの税金の申請及び支払い

Eコマース取引プラットフォームの税金の申請及び支払い

2021年6月1日、財務省は通達番号40/2021/ TT-BTC号を発行しました。この通達の規定は、事業者が個人所得税の義務を正しく、十分かつタイムリーに宣言するのに役立ち、事業者がEコマーストレーディングフロアといった他の事業体を承認または合意するための新しい方向性を開きました。いわゆる、事業者はEコマーストレーディングフロアと合意な相談があった上で税務納税及び申請業務委託を行うことになります。

http://www.gdt.gov.vn/

情報編集部門、DBRC

Dong Du International Accounting Legal Consulting Group Vietnam

ベトナム進出総合コンサルグループ

東南アジアビジネスコンサルネットワーク

(www.japanvietnam.com.vn)

 #ベトナム進出 支援#ベトナム現地法人設立業務 #会計業務 #税務コンサル #法律コンサル#実務講座#人材紹介

企業は、支払いの遅延によって罰せられないように、付加価値税の還付規制に注意を払う必要があります。

企業は、支払いの遅延によって罰せられないように、付加価値税の還付規制に注意を払う必要があります。

輸出品に0%の税率を適用するための条件を規定する2013年12月31日付け財務省による通達第219/2013 / TT-BTC号の第9条に従い、商品の支払いの証明がなければならないということです。この証明といいますと、銀行の振込およびその法律により他の文書を通じて輸出されるものです。(この場合、企業は完全に付加価値税還付になります。)。

返品された輸出品については、外国の顧客はベトナムの事業所に支払いを行わないため、事業所は銀行を介した輸出品の支払いの文書を持っておらず、支払いも行われていません。従って、0%の税率を適用するための条件を満たす返品された輸出品と見なされます(この場合、付加価値税還付の対象外になります)。

したがって、輸出品が外国の顧客によって返品され、国内に輸入された場合、そのような商品は輸出品ではなくなり、この法律の規定に基づく輸出品の付加価値税還付の対象にはなりません。

http://www.gdt.gov.vn/wps

情報編集部門、DBRCDong Du International Accounting Legal Consulting Group Vietnam、ベトナム進出総合コンサルグループ

#ベトナム進出 支援#ベトナム現地法人設立業務 #会計業務 #税務コンサル #法律コンサル#実務講座#人材紹介

裾野産業製品を生産するプロジェクトに対する法人所得税の優遇措置

裾野産業製品を生産するプロジェクトに対する法人所得税の優遇措置

政令第57/2021 / ND-CPは、政令第218/2013 / ND-CPの第20条第2項、ポイントgを追加します。これによると 201511日より前に実施された開発を優先し、裾野産業製品を生産するプロジェクトを持っている企業は税制上の優遇措置を享受する可能性があります。

 上記のプロジェクトが法人税インセンティブを享受しなくたり十分に享受し切れたり受けていたりする場合、企業は、プロジェクトの残存期間において、裾野産業の法人税インセンティブ措置を引き続き享受します。

 裾野産業製品生産プロジェクトによる免税・減税期間には、他の優遇条件ですでにインセンティブを享受している免税・減税期間は含まれていません。

納税者は、管轄当局によって宣言または検査された支払可能な法人税金額の削減を直接管理税務当局に書面で要求することができます。

法令番号57/2021 / ND-CP号は、202164日の署名および公布の日から発効します。

http://www.gdt.gov.vn/wps

情報編集部門、DBRCDong Du International Accounting Legal Consulting Group Vietnam、ベトナム進出総合コンサルグループ

#ベトナム進出 支援#ベトナム現地法人設立業務 #会計業務 #税務コンサル #法律コンサル#実務講座#人材紹介

個人所得税の期中提出及ぶ年末確定に関する留意点

個人所得税の期中提出及ぶ年末確定に関する留意点

納税者の行政手続きを減らすために、企業に従業員がなく、収入がない場合、毎月(または四半期ごと)の個人所得税申告書を申告して代理店税務署に提出する必要はありません。これは合法的ですか?

政府の2020年10月19日付けの政令第126/2020 / ND-CP号の第7条第8条では、納税申告書は、納税者によって作成される確定申告及び関連文書であり、税務行政機関に確定申告の基礎となる文書です。州の予算は納税者によって作成され、税務行政機関に送られるものとします。

組織や個人が所得を生み出さない場合、個人所得税の確定申告をする必要はありません。ただし、組織や個人が所得を生み出さない場合にも、毎月(または四半期ごと)の個人所得税申告書を申告して税務署に提出する必要がないという規則は未だ、ありません。

https://nangluccanhtranh.chinhphu.vn/によると

DBRCDong Du International Accounting  Legal Consulting Groupによって編集されました。 
#ベトナム進出 支援#ベトナム現地法人設立業務 #会計業務 #税務コンサル #法律コンサル#実務講座#人材紹介